せき・くしゃみが出る

 今年も暑い夏ですね。ワンちゃん、ネコちゃんの皮膚疾患(アレルギー性皮膚炎も含み)、外耳炎で来院される件数が格段に増える季節です。しかし、今回はアレルギーが原因のせき・くしゃみのお話です。

はじめに

 ワンちゃん、ネコちゃんではアレルギー性呼吸器疾患は少ないようです。診断が確定しづらいこともその要因の一つかもしれません。アレルギーが原因になる呼吸器疾患は、アレルギー性鼻炎やアレルギー性気管支炎・アレルギー性肺炎(ネコちゃんなら「猫喘息」と呼ばれたりします)があります。

症状

くしゃみ・鼻水

 花粉やダニにアレルギーを持っている場合に、アレルギーの元が鼻に入るとくしゃみを連発することが多いようです。鼻水が出ることがあります。繰り返すうちに重症化していき、そこに細菌感染が起こったりすると膿の鼻水を出すようになったります。

 特に鼻の長い犬種(ダックスフンドやウェルシュ・コーギーなど)は慢性化しやすく重症化しやすいので注意が必要です。

逆くしゃみ

 アレルギー性鼻炎のワンちゃんに見られます。ワンちゃんに特有の症状です。「首を伸ばして大きな鼻の音を出しながら」息を吸ったり吐いたりする行動です。この行動も重症化すると疲れ果てるほど長く続くこともあるそうです。

 初期は乾いた咳をします。明け方や夕方などの少し冷えたりした時に出やすいようです。元気も食欲もあって「ちょっと咳がでるかな?」といった感じです。また、高齢の子になると心臓疾患による咳のこともあるので、注意が必要です。

 ネコちゃんが咳をする場合はワンちゃんに比べて、「すでに呼吸の状態はかなり悪化している」可能性があります。咳を始める以前に呼吸回数が多くなるといった症状がでることが多いです。それに伴って食欲が低下することもあります。

 アレルギー性の呼吸器疾患は、その他に多くある呼吸器疾患の中でも「まれ」な部類に入ると思います。また、確定診断をすることが難しいために発見しづらいという部分もあります。「その他の呼吸器疾患への治療が効かない!」→「アレルギー性呼吸器疾患かも?」という順番に診断していくこともあるため治療も遅れがちになってしまうこともあります。

 呼吸器の問題は命に直結しています。オーナー様が日ごろよく見ていただいて、「おかしいな」と思ったら早めに受診していただくということがとても大切ではないかと思います。

トキソプラズマとは2

 今回はトキソプラズマがヒトに感染すると起こる症状と、予防方法についてです。

ヒトが感染すると?

 良く知られているのは、妊娠時にトキソプラズマに初感染すると起こる胎児への影響かと思います。早産、死産、新生児の先天性異常がそれになります。妊娠以前からトキソプラズマへの抵抗性があれば問題ないのですが、90%以上の方が抵抗性を持っていないので注意が必要です。年間にトキソプラズマが原因で起こる死産は十数件もあるそうです。

 また、妊娠に関わらず感染が起こることも当然あります。この場合、命に関わることはありませんが、トキソプラズマは脳に入り込み休眠状態になります。その結果、ヒトの性格へ影響したり、統合失調症やうつ病の危険因子になるとも言われたりしています。

 

ネコちゃんやヒトへの感染を予防するためには?

 まずネコちゃんへの感染の予防は単純です。「室内飼育する・生肉を与えない」だけです。逆を言えばこれしか方法がないということです。トキソプラズマには特効薬はありませんので感染をさせないという方法がベストです。

 ヒトは、「土・砂への接触を避ける・野菜などは良く洗って食べる・生水は飲まない」ように心掛ける必要があります。残念ながら外で生活するネコちゃんの行動を制限することはできないからです。どこにでもオーシスト(簡単に言うとトキソプラズマの卵)が落ちているものとして対応が必要です。

 それから、生肉(獣肉の刺身、生ハム、サラミ、レアステーキ、)を食べなことです。しっかりした冷凍処理や、加熱処理されているものを食べることを心がける必要があります。

 海外旅行でトキソプラズマの多い国へ行ったときは特に注意が必要です。

 こうすることでヒトにも感染する確率がゼロの近くなっていきます。

 

8月の診察案内

 8月の診察案内です。

 お盆中も平常通り診察を行っております。

 (平常通りなので、火曜日は休診日、金曜日の午後も一般の診察はおこなっておりません。)

 引き続きパートさん・アルバイトさんを若干名募集しております。過去に動物病院勤務の経験がある方での募集になりますが、興味のある方は当院までご連絡ください。

トキソプラズマとは1

 トキソプラズマは、過去にかなり騒がれた寄生虫です。ネコちゃんが持っていて、ヒトにも感染することがある寄生虫ですが、最近はあまり聞かなくなりましたね。

トキソプラズマとは

 原虫と呼ばれる寄生虫の一種です。

 まず、ネズミなど多くの動物の体に一度入り発育します。最終的にはネコ科の動物に取り込まれて最後の成長を遂げ、再びネコ科の動物の便に排出されるというサイクルを回っています。

 日本国内では、簡単に言えば、ネコちゃんがネズミを食べることや、地面に落ちているオーシスト(とても簡単に言うとトキソプラズマの卵)を口に入れてしまうことで、トキソプラズマの生活サイクルが回っているということになります。

 ヒトに感染が起こるのは、ネコちゃんから直接取り込む、地面に落ちているオーシストを何らかの理由によって口に入れてしまう、ブタやウシなどに感染し、その生肉を食べてしまったときです。

ネコちゃんはどのくらい感染しているの?

 近年ではヒトからの関心が薄くなってきたことで調査が減少しているとのことです。ある程度減少してそこからは10%前後の感染率(過去に感染したことがあるネコちゃんも含む)で安定しているようです。いまだに身近な環境に潜んでいるということになります。

 また、室内のネコちゃんと地域ネコちゃんとで、感染率に大きな差がないことが注意するところかもしれません。つまり、「家の中で飼育しているから大丈夫!」ではないということです。

ヒトはどのくらい感染しているの?

 ヒトでの感染も減少傾向にあります。高齢なヒトほど感染率(過去に感染したことがあるヒトも含む)は高く、若いヒトほど低いという、年齢差があるようです。

 しかし問題は、過去に感染したことが減っているために、今後初めて感染するヒトが増えるかもしれないということです。女性が妊娠中に初めて感染するということが大きな問題につながるのです。

 次回はヒトではどのような症状がでてしまうのか、どうやって予防するのかについて触れたいと思います。

 

マダニの多い季節です

蒸し暑い日が続くようになってきました。気温・湿度の上昇とともに、マダニも活発に活動してきています。

マダニとは

 マダニとは成長段階によって大きさが違いますが、1-10mmの大きさです。基本的には野外に生息しています。吸血と脱皮をすることで幼ダニ→若ダニ→成ダニと成長します。

 室内のじゅうたんや畳などに必ずいるダニ(チリダニなど)とは種類が違います。マダニは吸血を行ないますが、室内のチリダニなどは吸血を行いません。しかし、チリダニなどはヒトやペットへのアレルギーに大きく関与している場合があります。

 他にも、ペットで問題になることがあるダニとして、ニキビダニ、ヒゼンダニなどがいます。

ワンちゃんに寄生するマダニの種類は?

 マダニは日本全国に40種類以上が生息しています。その中でワンちゃんに寄生するのは主に、フタトゲチマダニ、キチマダニ、クリイロコイタマダニ、ヤマトマダニです。

 地域によって寄生するマダニの種類に違いがあったります。

マダニの多い季節は?

 主に春から秋に活動しています。

 しかし、真冬でも寄生が確認される種類もいますし、越冬する種類もいるそうです。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの感染について

 少し前までニュースにもよくなっていた病気です。ヒトがマダニに吸血されることで感染し、発熱・血小板減少・消化器症状・白血球減少が主な症状です。重症化すれば10数%で死亡することもあります。

 ワンちゃんがマダニの感染を予防することは、ヒトの住む環境へマダニが侵入する機会を減らすことに繋がるため重要なことだと思います。

 「いつからいつまで予防したらよいか?」ということが1つの問題となりますが、一般的にはマダニの活動が活発な季節、つまり春から秋にかけてということになります。しかし、地域やワンちゃんの行動範囲によっても差がありますので、心配な場合にはご相談いただければと思います。

 

フィラリア症の予防はお済ですか?

5月に入りました。さらに暖かくなり、ヒトも蚊にも刺されるようになってきたのではないかと思います。

 フィラリア症は、蚊に吸血されることで感染する寄生虫の病気です。フィラリアの感染によって心臓・肺に問題が起こることでワンちゃん(ネコちゃんも)が亡くなってしまう恐ろしい病気です。

 当院では5月初めから12月初めまでの8ヵ月間の予防をお勧めしております。ご家族であるワンちゃんの健康を守るため、まだお済でない場合はお早めに来院してください。

 また、今年は特に、マダニの予防も強くお勧めしております。ヒトがマダニに刺されることで発症する「重症出血性血小板減少症候群」というウイルス性の病気が発生しているためです。「ワンちゃんがマダニを連れてくる→ヒトがそれに刺されてしまう」ことがないように、ワンちゃんでの予防は効果的だと思われます。

 ご不明な点があればお気軽に相談していただければと思います。

ゴールデンウィークも通常診察です

 フィラリア予防のシーズンまっただ中です。

 フィラリア予防とワクチン接種を一緒にされるワンちゃんは、場合によっては1年ぶりに来院される時期です。「お久しぶりです」、「ご無沙汰してました」となるわけですが、それはワンちゃんが1年間健康に過ごせたということですから非常に喜ばしいことですね。

ゴールデンウィーク中の診察日ですが、通常通りとなります。特別に休診日などはありません

火曜日は休診日で、金曜日の午後は通常の診察は行っておりませんのでご了承ください。

☆スタッフ募集☆

パートで働ける方を募集しております。

・労働時間 午前9:00~12:00    午後16:00~19:00

・動物病院で過去に勤務したことがある方

・週1日から。土曜日もしくは日曜日のどちらか出勤できる方

もしご興味がある方がいらっしゃいましたら、048-242-5805までご連絡ください。

フィラリア予防の季節です

今年もフィラリア予防の季節がきました。

 フィラリアは、もしも感染してしまうと命に関わる寄生虫ですのでしっかりと予防しましょう。予防期間は5月から12月までの8ヵ月間が安心です。

 また、今年もフィラリアの血液検査と合わせて血液検査による健康診断のキャンペーンも行っていますので一緒にいかがでしょうか。「フィラリア検査のついでに」、「とてもお安く検査ができる」ところがこのキャンペーンの良いところです。特に、「健康そうに見える子」でも隠れた病気の早期発見につながるのでお勧めです。

 ワンちゃん・ネコちゃんの1年は、ヒトで考えると4年に相当します。ヒトに当てはめて考えていただければ、1年に1回の健康チェックの大切さもうなずけるところではないかと思います。

 ネコちゃんのフィラリア予防もお勧めしていますので、「ネコちゃんのフィラリアって?」と思われた場合は気軽に相談していただければと思います。

ペットとヒトの健康

今年は早くも桜が満開になって、そろそろ散り始める時期になってきました。

今回は、ペットがヒトに与えてくれる健康面での良い影響についてのお話です。

 

心臓病の患者さんが退院し、1年後に生存していたかどうか

  「ペットがいる」、「ペットがいない」で比較すると、明らかにペットがいる方が生存率が高いそうです。ペットはワンちゃん、ネコちゃんに限らずエキゾチックアニマルの子たちでも同様の結果になるようです。

 特に男性で血圧が低くなる傾向があるようです。これが心臓への負担を減らす1つの要因になっているのかもしれません。また、コレステロールや中性脂肪も下がる傾向があるようです。

65歳以上の高齢者の病院への通院回数

 「ワンちゃんがいる」、「ワンちゃんがいない」で比較すると、ワンちゃんがいる方が通院回数は少なくなるそうです。高齢になると「自分の方がペットよりも先に死んでしまうのではないか?」という不安を持つことがあるかもしれません。確かに自分がいなくなった後のペットの子はどうなるのかという問題点はありますが、しかし、少なくとも健康面では良い方向に働くことがわかります。医療費の負担も減少することになります。

癒しの効果

 ワンちゃんと散歩をすると副交感神経が活性化するそうです。これはワンちゃんがいない散歩よりもはるかに活性化するそうです。ちなみに副交感神経はどちらかというとリラックスしたときに働く自律神経系ですから、これが活性化するということは「癒し」を得ているということにつながります。

 さらにオキシトシンというホルモンの分泌も増えます。オキシトシンは母子の関係に重要なホルモンで、「幸せホルモン」と呼ばれることもあります。ワンちゃんと触れ合うこと、特に見つめ合う、座れなどのトレーニングを行うことで上昇するそうです。また、トレーニングはワンちゃんの体でもオキシトシンの上昇が起こるので、お互いに幸せになれるそうです。

ネコちゃんの与えてくれる影響

 脳の血流に関する研究では、ネコちゃんに触れることの方が、ワンちゃんに触れることよりも、より脳の血流が良くなるそうです。見ることよりも触ることの方がより効果的だそうです。

 ちなみに、ネコちゃんの「ゴロゴロ」は自分や他のネコのキズを治す効果があるそうです。