フィラリアの予防はお済ですか?

6月に入って暑い日も増えてきました。外耳炎や皮膚病が増えてくる季節です。お耳をめくってみて、「匂いや赤み、汚れ」をチェックしてみるといいと思いますし、また、背中の毛をめっくてみて「赤い湿疹がないか、かさぶたがないか」もチェックしてみると良いかもしれません。

フィラリアの予防は地域によって差がありますが、この辺の地域ですと5月から12月までの8か月間、予防が必要です。

オーナー様知識や予防の意識が高いため、確かにフィラリア症を見かけることはとても少ないです。しかし、残念ながら今年もすでにフィラリア症の子を診察しています。ですからフィラリアの予防がまだという方は、お早めに予防を開始していただくと良いと思います。

ネコちゃんのオーナー様にも引き続きフィラリアの予防の必要性についてお話させていただいております。年々少しずつですが予防をしてくれるオーナー様が増えてきています。

ネコちゃんの場合、フィラリアの予防と一緒にノミの予防もできるスポットタイプのお薬です。そのメリットも大きいと思いますので、「そもそもフィラリアって何?」というところからでも良いので、わからないことがあればお気軽にご相談していただければと思います。

フィラリアの予防

暖かくなってきて桜が咲き始め、過ごしやすい季節になってきましたね。しかし、まだ昼夜の気温差が大きいので体調を崩すペットの子たちを多く見かけます。夜間の温度管理には十分に気を付けていただけると良いと思います。

4月、5月はフィラリアの予防シーズンです。特に、「土曜日・日曜日」は大変な混雑となりますので、大変申し訳ありませんがご了承いただければと思います。また最近は、11時過ぎから混雑する傾向がみられますので少し早起きしていただくと待ち時間は少ないかもしれません。

おいしいフィラリアのお薬で、マダニ・ノミまで予防できるもの(ネクスガードスペクトラ)」が、引き続き人気が高いです。「手間なく予防ができる」、「両方予防するとなるとリーズナブル」という点が評価されているのだと思います。また、スポットタイプのノミ・マダニのお薬が苦手な子にも好評です。

ネコちゃんのフィラリアも、引き続き少しずつ予防されるオーナー様が増えてきています。ネコちゃんのオーナー様がフィラリアの予防に少しずつ関心を持ってきていただいている様子です。今年もネコちゃんの健康の為お勧めしていきますので、疑問などがあればご相談いただければと思います。

 ネコちゃんには味覚の性質上、「おいしいフィラリアとノミ・マダニのお薬」はないのですが、スポットタイプで「フィラリアとノミ」の予防ができるものがあります。ノミの予防薬を付けてあげたことのあるオーナー様は多いと思いますので、苦手な子でなければ簡単です。

ネコちゃんは一年に1回のワクチン接種が毎年かかる費用なわけですが、「フィラリア予防は1年で約1万円弱」です。それだけで命に関わる感染症(さらにノミも)を予防できるので検討してみていただけると良いと思います。

 

GWも平常通り

GWも平常通りの診察となります。

フィラリアの予防シーズンです。「土曜日・日曜日、午前11:00以降が特に混雑します」ので避けていただくとよいかと思います。5月初めから8か月間の予防になりますのでまだ来院されていない方は、お早めに来ていただければと思います。

そろそろフィラリア予防の季節です

そろそろ、フィラリアの予防シーズンです。

特に、「土曜日・日曜日」は大変な混雑となりますので、大変申し訳ありませんがご理解いただければと思います。

今年もワンちゃんのフィラリア予防は「フィラリアだけでなくノミ・マダニまで予防できるタイプ」が中心になると思います。「手間なく、ほぼすべての寄生虫の予防ができる」という点が評価されていると思います。ノミ・マダニの予防薬も食べるタイプが流行っていますが、だいぶ定着してきているのではないかと思います。

しかし、やはり味覚の個人差はあるので「おいしくないよ!」という子もいます。その場合は別なフィラリア、ノミ・マダニのお薬もご用意してありますのでご相談いただければと思います。

ネコちゃんには味覚の性質上、食べるタイプのフィラリアのお薬はないのですが、スポットタイプで「フィラリアとノミ」の予防ができるものがありますのでご相談いただければと思います。

ネコちゃんのフィラリア症も近年多くあることがわかってきています。ですので少しずつではありますがフィラリアの予防をされるオーナー様が増えてきています。

ワンちゃんは当り前、でもネコちゃんではあまり認知されていない感染症ですが、気になるときはお気軽に相談してください。

3月21日は、法事のため休診となりますのでご了承いただければと思います。

 

6月に入って

4-5月はフィラリアのシーズンということもあり大変混雑しました。待ち時間など、ご迷惑御おかけして申し訳ありませんでした。

しかし、フィラリアの予防はワンちゃん、ネコちゃんにとって非常に重要な予防であり、もしもまだ済んでいない子がいましたら早めに来院していただければと思います。

これからは夏に向かい、梅雨が始まり気温・湿度も高まっていきます。外耳炎、皮膚病が増えてくる時期です。皮膚や耳に少しでも違和感が感じられたら早めの来院をしていただくと良いと思います。

フィラリアの予防

ここにきて寒い日が続き桜ものんびりと開花してきているようですね。4月に入りましたので、フィラリアの予防シーズンです。

特に、「土曜日・日曜日」は大変な混雑となりますので、大変申し訳ありませんがご了承いただければと思います。また最近は、11時過ぎから混雑する傾向がみられますので少し早起きしていただくと待ち時間は少ないかもしれません。

おいしいフィラリアのお薬で、マダニ・ノミまで予防できるもの(ネクスガードスペクトラ)」が、去年も圧倒的な人気でした。「手間なく予防ができる」、「両方予防するとなるとリーズナブル」という点が評価されているのだと思います。また、スポットタイプのノミ・マダニのお薬が苦手な子にも好評です。

ネコちゃんのフィラリアも、引き続き少しずつ予防されるオーナー様が増えてきています。去年もネコちゃんのフィラリア予防についてお勧めして来ましたが、その甲斐があってというよりはむしろ、オーナー様がフィラリアの予防に少しづつ関心を持ってきているという印象です。

ネコちゃんには味覚の性質上、「おいしいフィラリアとノミ・マダニのお薬」はないのですが、スポットタイプで「フィラリアとノミ」の予防ができるものがありますのでご相談いただければと思います。

 

ネコちゃんのフィラリア症

梅雨には入りましたが、今年は雨が少ないですね。これからの季節は皮膚病、外耳炎が多くなる時期です。体をかゆがったり、耳をかゆがったりしているときは早めに来院していただくと良いと思います。また、熱中症も注意が必要な時期になってきます。家でお留守番の時も室温の注意をしてあげてください。

今回はネコちゃんのフィラリア症のお話です。

フィラリア症とは?

ワンちゃんのオーナー様は当り前のように知っているものですが、ネコちゃんではまだまだ馴染みが少ないと思います。フィラリア(犬糸状虫)は蚊によって運ばれる寄生虫です。ワンちゃんの体に入ると、最終的には成長して心臓や肺動脈に住みつきます。

結果として、

①血液の流れが悪くなり様々な臓器の機能低下を起こしたり、

②フィラリアが血管に詰まってしまい突然死を起こします。

感染することによってどちらにしても命を落としてしまう問題へとつながります。

ネコちゃんでの症状は?

ワンちゃんと違い、ネコちゃんはフィラリアが体に入っても多くの場合はフィラリアは成長できません。動物としての種類が違うからです。しかし一部はネコちゃんの体でも生活を続けることがあります。

結果として、

①心臓や肺動脈へ移動し、フィラリアは血管の壁を傷つけていきます。ネコちゃんはワンちゃんより血管が細いため、血管により大きな障害を受けます。肺の血管が障害を受けるためぜんそくの様な強いセキが出ることがあります。

②フィラリアの成虫が肺動脈に住み着き、感染後2-3年してから、ネコちゃんが突然死することがまれにみられます。

ネコちゃんの問題点

ワンちゃんのように検査でフィラリアの寄生を正確に判断することができないため発見しづらいです。また、他の病気の可能性も疑わなくてはならないので病気の診断にも時間がかかります。よって、治療するとしてもそこまでに時間がかかってしまう可能性があるということです。

しかしワンちゃんと同様に、フィラリアの予防法に関しては確立したものがあります。ですから、「予防をしっかりしていくことが、唯一ネコちゃんをフィラリアから守る方法」となるわけです。今年も少しずつではありますがネコちゃんでフィラリアを予防してくれるオーナー様が増えてきています。引き続きネコちゃんのフィラリア症の予防が広まっていくと幸いです。

GWも明けて

暑いと感じる日も増えてきましたね。蚊も飛び始めましたね。

フィラリアの予防は5月初めからです。ワンちゃん、ネコちゃんのために、早めに予防を開始してあげていただくとよいと思います。特に土曜日・日曜日に診察が集中して混雑することが多いですが、ご理解いただければと思います。

引き続きフィラリア・マダニ・ノミの予防がおいしく・1つでできるお薬が大人気です。また、ネコちゃんのフィラリアの予防に関して興味を持たれるオーナー様が増えてきています。今年もネコちゃんのフィラリア症を予防される方が増加中です。まだまだネコのオーナー様には浸透していないフィラリア症ですが少しでも多くの情報を提供していければと思います。

フィラリア予防

4月に入ってすでに10日以上経ちました。フィラリアの予防シーズンです。

特に、土曜日・日曜日」は大変な混雑となりますので、大変申し訳ありませんがご理解いただければと思います。

先日書いた「おいしいフィラリアのお薬で、マダニ・ノミまで予防できるもの」が、想像以上に人気があります。今までマダニ・ノミの予防をされてこなかったオーナー様も興味がある様子です。「手間なく予防ができる」という点が評価されているのかもしれません。また、「実はうちの子、スポットタイプのお薬を嫌がるんです」というお話も多く聞かれることに驚きました。当り前に使われてきたものですが意外と問題も多いと再認識しました。

ネコちゃんには味覚の性質上、「おいしいフィラリアとノミ・マダニのお薬」はないのですが、スポットタイプで「フィラリアとノミ」の予防ができるものがありますのでご相談いただければと思います。

フィラリアの予防薬の進化

3月になりました。ひどく冷え込む日は少なくなり、少しずつ過ごしやすくなってきましたね。しかし、引き続き夜間の冷え込む日もありますので、体調の管理は注意が必要です。大きな気温の変化が体調を崩させる原因になります。

フィラリアの予防が4月になると始まります。「5月初めから12月までの8か月間、毎月1回お薬を飲む」ことで予防をします。ワンちゃんは当り前ですが、ネコちゃんでの重要性も近年指摘されています。

さて、ここ1-2年、フィラリアの予防薬に少し変化があります。

まず、「マダニ・ノミのお薬に内服薬」が増えてきたこと、

さらに「フィラリア・マダニ・ノミが同時に予防できる薬」が増えてきたことです。

画期的な変化なのですが、これらのお薬のメリットは以下のようになります。

・マダニ・ノミの予防とフィラリアの予防の両方を行う場合、別々よりも安くなる場合が多い。

・マダニ・ノミの内服薬の方が、耳や足などの先端部分にも薬の効果が行き届く

・かなりおいしい(おいしくないものもある)ので、おやつ感覚であげられる。

まだこれからも新しい薬が出てきそうなフィラリア・マダニ・ノミ予防の合剤です。おそらくこれからはこういったお薬が主流になっていくのだと思います。

気になることがあればお気軽にご相談いただければと思います。