8月も平常通りです

8月はお盆の期間がありますが、今年も平常通り診察を行います

火曜日は休診日になります

金曜日の午後は予約診療となりますので、一般の診察は行っておりません

問題行動の予防1

雨の日はまだ多いですが、夏らしくなってきました。熱中症対策はしっかりしてお散歩やお出かけをしてください。ノミ・マダニの活動も活発になっていますので予防もおすすめします。

今回は、新しくワンちゃんを迎えたときに「問題行動を少しでも予防するために知っておきたいこと」のお話です。

問題行動って

ワンちゃんにとっては正常な行動だけれども、ヒトと暮らす上では困ってしまう行動と、まさに異常な行動の両方を合わせて問題行動と呼びます。また、病的な原因(痛みなど)があって、問題行動が悪化していることもあったりします。

子供のワンちゃんが置かれている環境

多くの場合早くに離乳されてしまうので、精神的なストレスに弱いことが多いです。

また、親兄弟と早く離れるためワンちゃん同士のコミュニケーション方法(噛む力の加減など)を覚える時間も少ないです。

ワンちゃんならではの欲求

いろいろな臭いを嗅いで、探索するような獲物を探すための行動や獲物を捕らえるための行動などです。具体的にはお散歩中にクンクンする、動くボールを追いかけるといった行動です。

5つの自由

アニマルウェルフェアで国際的な基準となっている動物の持つ権利です。ワンちゃんに照らし合わせて簡単に説明すると、

・バランスの良い食事を与えられること、きれいな水が飲めること

・清潔な環境、快適な温度・湿度、居心地の良い休憩場所があること

・体調の変化に気づいてあげること、適切な治療を受けること

・恐怖や不安をできる限り避けること。また、原因に対してご褒美などをあげることによって恐怖や不安を感じにくい状 態へしてあげること。

イヌらしい行動ができること。(獲物を探す行動。動く物を追いかける・捕まえる。ヒトや他のワンちゃんとのコミュ ニケーション(触れ合う・臭う))

子供のワンちゃんの社会化期

・ワンちゃんが、一生のうちに出会う生き物たちとの触れあい方を学習する時期のことです。

3-12週齢がその時期(社会化期)と言われています。

・強い好奇心を持ち、他の生き物との関わりを持つことでコミュニケーション方法を覚える時期です。しかし、この時期 の終わりごろになると警戒心がついてくるので、物事に対して恐怖や不安を覚えます。そのため社会化期の中でも早い 段階で多くのことを覚えてもらう必要があります。

非常に簡単ですがこれらの事を少し心に留めておいてもらうと、新しく家族に迎えたワンちゃんとの接し方に役立つのではないかと思います。ヒトとは違う性質を持っていることを理解してあげることと、ヒトと同じように知識や社会性を得る期間には制限があることが大切な部分であると思います。

フィラリア予防はお済みですか?

昼間はTシャツだけでも汗ばむ日も増えてきましたね。ワンちゃんは皮膚病で来院される方が増えてくる季節です。背中の毛を掻き分けてみると湿疹などないでしょうか?

フィラリアの予防は5月初めから行っていただくことをお勧めしております。すでに蚊も飛び始めていますので、「忙しくてまだ・・・」、「忘れてたっ!」という方もなるべく早めに予防を行っていただくと良いと思います。

まだまだ土曜日・日曜日は混雑します。ご迷惑をおかけします。一応平日の方が混雑は少ないことが多いと思います。

ゴールデンウィーク中の診察

ワンちゃんのフィラリア予防の季節です。病院もフィラリアの予防検査のため大変混雑している場合があります。ご迷惑をおかけします。

ゴールデンウィーク中も平常通りの診察を行っております。

休診日 (火曜日 また、金曜日午後は予約診療となっております)

4月29日(火曜日) 昭和の日  休診日

5月2日(金曜日)         午前中は平常通り診察

5月3日(土曜日) 憲法記念日   平常通り診察

5月4日(日曜日) みどりの日   平常通り診察

5月5日(月曜日) こどもの日   平常通り診察

5月6日(火曜日)             休診日

フィラリアの予防は、5月の始めが開始時期になりますのでなるべく早めに来院して予防を開始していただければと思います。

増税。ご迷惑をおかけします

 桜もあっという間に散り始め、そろそろ葉桜を楽しむ時期になってきましたね。

 4月になり、フィラリアの予防も始まりました。5月初めから12月までの8ヵ月間の予防となります。4月末が最も混雑が予想されますので、なるべく早めに来院していただくと混雑の回避ができると思います。ネコちゃんのフィラリア予防もお勧めしておりますので、ご相談いただければと思います。

 また、4月より消費税の増税になり、オーナー様への費用の負担もその分大きくなってしまいました。「ご迷惑をおかけします。申し訳ありません

 

フィラリア・マダニ・ノミの新しいお薬

 3月も終盤に入ってきました。暖かさが日に日に増していきますが、蚊・マダニ・ノミなどの寄生虫も動き始める季節です。

 今年からフィラリアのお薬に新しいものが加わります。今年加わるものは、「フィラリア・お腹の寄生虫・マダニ・ノミのすべて」を予防できるものです。今までは1つでこれらすべてを予防できるものはありませんでしたので、画期的なお薬ですね。

 すべてを予防できるので、フィラリアの予防薬とは別にマダニ・ノミのお薬が必要ないので、ワンちゃんへの負担が1つで済むことと、お財布にもやさしいところがメリットでしょうか。

 デメリットは、おいしく味はついているのですが匂いが独特なので嫌がるワンちゃんがいるかもしれないです。また、飲み薬なので投薬後に吐いてしまう可能性があることでしょうか。

 マダニからヒトに感染し死亡してしまうことがあるウイルスの病気(SFTS)も、忘れられがちですが、患者数は着実に増加していますので、マダニの予防もしっかりしていただくと良いと思います。

 もしもお薬に関してなど、疑問があればご相談していただければと思います。

3月になりました。

 3月に入りました。暖かい日と寒い日がまだ繰り返しそうですが、徐々に春になっていきますね。暖かくなってくると寄生虫(ダニ・ノミなど)も活発になってきますし、アレルギー性皮膚炎や皮膚などの感染症も増えてきますので注意が必要です。

4月から消費税の増税があるので、3月に駆け込みでの診察などが増えそうですので、特に3月下旬は診察が混み合うかもしれません。ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、ご了承いただければと思います。

開院して4年目となりました。

  開院して4年目になりました。月日の流れのはやさを感じます。まだまだいたらないところが多いと思いますが、よりいっそうワンちゃん・ネコちゃん・エキゾチックペットの子たちのためになれるようにしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

大手ペット保険会社の調査では、60%くらいのオーナー様が1年に1回の健康診断を受けるそうです。そのうちで異常や病気が見つかった割合は37%あるそうです。

 ワンちゃん・ネコちゃんの死亡原因の90%以上は健康診断によって早期発見が可能な病気と言われています。早期に発見できれば、例え完治しない病気であっても「その後の生活がより快適」であるようにしていくことができます。

 また、あらかじめ病気がわかっていることで、病院としても最善の治療を行うための時間を得ることができます。どうしても発見が遅くなると体調も悪くなってしまうので、体調が良ければ行えたハズの治療が行えないこともあり、我々も悔しい思いをすることもあります。

 さらにオーナー様自身が「ワンちゃん・ネコちゃんに悔いの残らないように接してあげることができた」、「最期を迎えるときに心の整理ができた」という、オーナー様の心のケアにもなるという意見もあります。

ネコちゃんのカゼに注意

 ヒトもカゼをひきやすい季節ですが、ここ最近「ネコちゃんのカゼ」で来院される方が非常に多いです。「くしゃみ・鼻水・目やに」が一般的に良く見られる症状です。しかし、それがさらに悪化すると「鼻づまり・ノドの炎症・発熱」などにより、食欲もなくなり脱水も起こし点滴や入院が必要になることもあります。

 特にカゼをひきやすい、また、悪化させる条件は、「外に出る・多頭飼育・ワクチン未接種」です。外に出れば寒さやその他のストレスにさらされることが多くなりますし、多頭飼育では次々に感染して広まっていってしまいます。そしてそのほとんどの場合ワクチン未接種の子に多いです

 ワクチンは、カゼを起こすウイルスを予防するために大変有効です。例え室内飼育でも、ヒトの服や体についてウイルスが室内へ持ち込まれることもあります。ですので、カゼをひいてしまった子、カゼをひいてない子でもワクチン接種を考えてみていただければと思います。ヒトだってカゼをひけばつらいと思います。ネコちゃんは幸いにもワクチンでそれを予防してあげることができるのです。