フィラリアの予防はお済ですか?

6月に入って暑い日も増えてきました。外耳炎や皮膚病が増えてくる季節です。お耳をめくってみて、「匂いや赤み、汚れ」をチェックしてみるといいと思いますし、また、背中の毛をめっくてみて「赤い湿疹がないか、かさぶたがないか」もチェックしてみると良いかもしれません。

フィラリアの予防は地域によって差がありますが、この辺の地域ですと5月から12月までの8か月間、予防が必要です。

オーナー様知識や予防の意識が高いため、確かにフィラリア症を見かけることはとても少ないです。しかし、残念ながら今年もすでにフィラリア症の子を診察しています。ですからフィラリアの予防がまだという方は、お早めに予防を開始していただくと良いと思います。

ネコちゃんのオーナー様にも引き続きフィラリアの予防の必要性についてお話させていただいております。年々少しずつですが予防をしてくれるオーナー様が増えてきています。

ネコちゃんの場合、フィラリアの予防と一緒にノミの予防もできるスポットタイプのお薬です。そのメリットも大きいと思いますので、「そもそもフィラリアって何?」というところからでも良いので、わからないことがあればお気軽にご相談していただければと思います。

フィラリアの予防

暖かくなってきて桜が咲き始め、過ごしやすい季節になってきましたね。しかし、まだ昼夜の気温差が大きいので体調を崩すペットの子たちを多く見かけます。夜間の温度管理には十分に気を付けていただけると良いと思います。

4月、5月はフィラリアの予防シーズンです。特に、「土曜日・日曜日」は大変な混雑となりますので、大変申し訳ありませんがご了承いただければと思います。また最近は、11時過ぎから混雑する傾向がみられますので少し早起きしていただくと待ち時間は少ないかもしれません。

おいしいフィラリアのお薬で、マダニ・ノミまで予防できるもの(ネクスガードスペクトラ)」が、引き続き人気が高いです。「手間なく予防ができる」、「両方予防するとなるとリーズナブル」という点が評価されているのだと思います。また、スポットタイプのノミ・マダニのお薬が苦手な子にも好評です。

ネコちゃんのフィラリアも、引き続き少しずつ予防されるオーナー様が増えてきています。ネコちゃんのオーナー様がフィラリアの予防に少しずつ関心を持ってきていただいている様子です。今年もネコちゃんの健康の為お勧めしていきますので、疑問などがあればご相談いただければと思います。

 ネコちゃんには味覚の性質上、「おいしいフィラリアとノミ・マダニのお薬」はないのですが、スポットタイプで「フィラリアとノミ」の予防ができるものがあります。ノミの予防薬を付けてあげたことのあるオーナー様は多いと思いますので、苦手な子でなければ簡単です。

ネコちゃんは一年に1回のワクチン接種が毎年かかる費用なわけですが、「フィラリア予防は1年で約1万円弱」です。それだけで命に関わる感染症(さらにノミも)を予防できるので検討してみていただけると良いと思います。

 

休診のお知らせ

3月21日(木曜日)、法事のため休診となります。
ご迷惑をおかけしますがご了承いただければと思います。

 

だんだんと暖かくなってきていますが、昼夜の寒暖差が大きい季節です。夜間の急な室温の低下がストレスとなり体調を崩すことも多いので気を付けてあげてください。ヒトは布団に入ってしっかり暖をとれますが、ペットの子たちはそうはいかないので十分注意が必要です。

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

本年もより良い診療を行っていけるよう精進していきますので、よろしくお願いします。

1月より、「月曜日が休診日に、金曜日午後も休診」に変更となりましたので、お間違えのないようによろしくお願いします。

重要なお知らせ

2019年1月より当院の休診日が変更となります。

火曜日だったものが、月曜日、合わせて金曜日午後も休診となります。

ご迷惑をおかけしますがご了承いただければと思います。

年末年始の診療案内

年末年始は業者さんもお休みになるため、心臓のお薬、ホルモンのお薬、インスリンなど投薬が欠かせないお薬や療法食の在庫は十分注意してください。早めに年末年始に足りるかどうかのチェックをお願いします。

12月末までは、健康診断キャンペーン中です。ネコちゃんの健康診断もあります。かなりお安く健康チェックできるのでご利用いただければと思います。

年末年始の診察日のご案内です。

12月30日(日曜日)・・・平常通りの診察

12月31日(月曜日)・・・午後は時間短縮 診察時間 9:00-12:00 16:00-18:00

1月1日(火曜日)・・・休診日

1月2日(水曜日)・・・休診日

1月3日(木曜日)・・・休診日

1月4日(金曜日)からは平常通りです。

注)当院をかかりつけ病院としていただいている場合は、電話相談は受け付けますので、長めに、何度もお電話していただければと思います。

 

11月30日、臨時休診の案内

このところ急に体調を崩したネコちゃんが多く来院されます。一つの原因は急激な寒さがストレスになっているからと思われます。急激な寒さといっても、日中はまだ暖かい良いのですが、「夜間の温度管理をしていない」ことが問題です。ヒトよりも寒さが苦手なネコちゃんのために夜間の温度は注意してあげてください。

11月30日(金曜日)、慶事のため休診となります。ご迷惑をおかけしますがご了承いただければと思います。

秋の健康診断キャンペーン

今年も10月より、秋の健康診断キャンペーンを始めます。

手軽な「健康診断血液検査」と、しっかりチェックの「全身の健康診断」から選んでいただくことができます。

 

全身健康診断の内容

・一般身体検査

・おしっこ検査、うんち検査

・血液検査

・胸部レントゲン、腹部レントゲン

・腹部超音波検査

・さらに年齢や体調によって、「5種類の検査」のうち1つオプションとしてセットになります。副腎皮質ホルモン検査・甲状腺ホルモン検査・肝臓検査・腎臓検査・追加一般血液検査です。

5種類の検査

副腎皮質ホルモン検査・・・肥満に悩む子、皮膚・被毛が弱い子などにお勧めです。

甲状腺ホルモン検査・・・高齢のワンちゃん・ネコちゃんで異常が多く見られるため、お年寄りの子にお勧めです。

肝臓検査・・・過去に「肝臓の数値が悪いです」と言われたことがある場合、それをさらに詳しく検査できます。

腎臓検査・・・「年を取ってきた」、過去に「腎臓の数値が悪いです」と言われたことがある

・・・・・・・・場合、それをさらに詳しく検査できます。

追加一般血液検査・・・健康に見える若い子にはさらに一般検査を追加します。

この中から1つだけセットに加えることができます。しかし、どれを行うか、判断は難しいと思いますので日ごろの検査や体調を見て一緒に判断させていただきますのでご安心いただければと思います。

 

健康診断血液検査の内容

一般血液検査に、①甲状腺ホルモンの検査、②副腎皮質ホルモンの検査、③肝機能検査、④腎臓検査のいずれか1つをセットにしたものとなります。手軽さが良いところですが、血液検査だけでもとても多くの情報を得ることができます。

お値段

全身の健康診断

ワンちゃん・・・14420円

ネコちゃん・・・12360円

健康診断血液検査

甲状腺機能低下症 5665円

甲状腺機能亢進症(ネコちゃん) 4635円

副腎皮質機能亢進症 5665円

肝機能検査 3605円

腎機能検査 3605円

 

ヒトでも行う「人間ドック」と同じイメージをしていただければと思います。ヒトでもある程度の年齢になれば定期的な検査によって、病気の早期発見が重要になります。腫瘍などならば、いかに早く見つけられるかが完治するかどうかのカギになります。

ワンちゃんやネコちゃんの場合、1年でヒトの約4年分歳を取ることを考えると、ヒトと同様に定期的に検査してあげることをお勧めします。ヒトほどの検査はできないにしても、少しでもワンちゃん、ネコちゃんの健康の維持に役立てていただければと思います。

全身の健康診断も少し費用はかかりますが好評です。しかし、ワンちゃんでの検査のみでなく、ネコちゃんも検査できますので、ご相談いただければと思います。

特にネコちゃんは病院に来る回数が少ない(毎年の予防が少ない・病気が少ないなどの理由)ので、病院での体調チェックの回数も少なくなります。そのことから病気のサインを早期に見つけづらいです。なので、ネコちゃんこそこういった健康診断が有効ではないかと思います。また、高齢のネコちゃんでは慢性腎臓病の発症が非常に多いため腎機能検査はお勧めです。これによりさらに腎臓病の早期発見が可能になり、それをケアすることによって、より長く健康を保つことができるようになると思います。