飼主様と大切で小さな家族にとって最良の治療とは何かを常に模索し、誠意ある治療を行っていきたいと思います。

アーカイブ

‘その他’ タグのついている投稿

お知らせ

2018 年 8 月 15 日

9月1日土曜日、都合により午後の診察の受付は6時までとなります。

ご迷惑をおかけしますがご了承いただければと思います。

最新情報

休診のお知らせ

2017 年 9 月 7 日

9月30日の午前、休診させていただきます。ご迷惑をおかけしますがご了承のほど、よろしくお願いします。

午後は平常通りの診察となります。

最新情報 ,

臨時休診のお知らせ

2017 年 3 月 22 日

3月26日(日)13:00~27日(月)の2日間、葬儀参列のため、休診させていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどお願いいたします。

なお、3月29日より通常診療となります。

最新情報

天気が落ち着いてきて

2015 年 9 月 13 日

8月後半からしばらく雨が続き、ワンちゃんは特に、お散歩に出づらい日々が続いたかと思います。季節も大きく変わって過ごしやすい日も増えてきましたので、運動不足とストレスの解消にお外で元気に遊びたいところですね。

シルバーウィークも平常通りの診察を行っております。

火曜日(9月22日)は休診日となりますのでよろしくお願いします。

最新情報

夏になってくると

2015 年 6 月 8 日

6月に入りました。フィラリアの予防はお済でしょうか?この地域は5月からの予防が必要なので、「まだ予防してない」方はお早めに病院へ来ていただければと思います。

そろそろ梅雨の季節ですね。これからの季節は極端に皮膚病・外耳炎が増えてきます。

・背中や内股に赤い湿疹がある、フケが多くなった

・体を掻く仕草が増えた

・ワキや口まわりが赤い

・耳をかいている、頭をよく振っている

上記のような様子が見られたら病院へ足を運んでいただけるとよいと思います。早めに治療を開始できれば、必ず早く治ります。

最新情報

増税。ご迷惑をおかけします

2014 年 4 月 7 日

 桜もあっという間に散り始め、そろそろ葉桜を楽しむ時期になってきましたね。

 4月になり、フィラリアの予防も始まりました。5月初めから12月までの8ヵ月間の予防となります。4月末が最も混雑が予想されますので、なるべく早めに来院していただくと混雑の回避ができると思います。ネコちゃんのフィラリア予防もお勧めしておりますので、ご相談いただければと思います。

 また、4月より消費税の増税になり、オーナー様への費用の負担もその分大きくなってしまいました。「ご迷惑をおかけします。申し訳ありません

 

最新情報

3月になりました。

2014 年 3 月 1 日

 3月に入りました。暖かい日と寒い日がまだ繰り返しそうですが、徐々に春になっていきますね。暖かくなってくると寄生虫(ダニ・ノミなど)も活発になってきますし、アレルギー性皮膚炎や皮膚などの感染症も増えてきますので注意が必要です。

4月から消費税の増税があるので、3月に駆け込みでの診察などが増えそうですので、特に3月下旬は診察が混み合うかもしれません。ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、ご了承いただければと思います。

最新情報

開院して4年目となりました。

2014 年 2 月 3 日

  開院して4年目になりました。月日の流れのはやさを感じます。まだまだいたらないところが多いと思いますが、よりいっそうワンちゃん・ネコちゃん・エキゾチックペットの子たちのためになれるようにしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

大手ペット保険会社の調査では、60%くらいのオーナー様が1年に1回の健康診断を受けるそうです。そのうちで異常や病気が見つかった割合は37%あるそうです。

 ワンちゃん・ネコちゃんの死亡原因の90%以上は健康診断によって早期発見が可能な病気と言われています。早期に発見できれば、例え完治しない病気であっても「その後の生活がより快適」であるようにしていくことができます。

 また、あらかじめ病気がわかっていることで、病院としても最善の治療を行うための時間を得ることができます。どうしても発見が遅くなると体調も悪くなってしまうので、体調が良ければ行えたハズの治療が行えないこともあり、我々も悔しい思いをすることもあります。

 さらにオーナー様自身が「ワンちゃん・ネコちゃんに悔いの残らないように接してあげることができた」、「最期を迎えるときに心の整理ができた」という、オーナー様の心のケアにもなるという意見もあります。

最新情報 ,

明日(31日)も診察日です

2013 年 12 月 30 日

 今年も残すところあと1日となりました。今年も皆様のおかげで1年を無事に終わることができそうです。ありがとうございます。

 通常は休診日ですが、明日31日(火曜日)は診察を行っておりますのでワンちゃん・ネコちゃん・エキゾチックペットの子たちの体調に心配がある方は診察に来ていただければと思います。

 

31日(火) 特別診察日  診察時間:9:00-12:00  16:00-19:00

1日(水) 前日の振り替え休日

2日(木) 緊急の診療のみ対応  診察時間:10:00-12:00  16:00-19:00  

3日(金) 緊急の診療のみ対応  診察時間:10:00-12:00  (金曜日なので午後は一般診察は行っておりません。)

お正月は緊急の対応となりますので、特別料金を診察とは別途いただくようになりますのでご了承ください。

最新情報

プロバイオティクスの効果

2013 年 11 月 22 日

プロバイオティクスって?

 ヒトでも良く聞かれるお話ですが、プロバイオティクスとは「消化管内に常に住んでいる健康に有効な細菌」のことです。とても簡単に言うと「善玉菌」です。世界保健機構(WHO)では、「一定量以上与えることで宿主の健康に効果を発揮する生菌」と定義されています。

 ヒトでも下痢症、アレルギー、呼吸器感染症、尿路感染症、大腸がん、膀胱がん、関節リウマチなどにプロバイオティクスが有効だという報告があります。

 病院では、下痢をしたワンちゃん・ネコちゃんに投与したり、抗生物質を投与した際にお腹の調子を崩さないように投与することが多いです。しかし、その効果はそれだけではないということです。

効果

下痢・軟便

 一般的に良く使用されるところです。消化管内の状態を正常化する助けになります。

便秘

 老齢のワンちゃん・ネコちゃんに良くみられますが、硬いうんちを出すのはとても体力を使います。痛みを伴うこともありますし、ひどければ病院で排便処置が必要なこともあります。これを改善してくれることがあります。

慢性腎臓病

 老齢のワンちゃん・ネコちゃんに多い病気です。腎臓の機能が失われ、それに伴い食欲減少・体重減少・嘔吐などが見られます。これらの症状を緩和して体調を維持してくれることがあります。

薬の投薬量の減少

 ある種の病気で、その治療に用いる薬を減量したり、場合によっては休薬までできることがあるそうです。

免疫力を高める

 どちらかというと、病気の治療のサポート訳のお薬となるプロバイオティクスですがヒトと同様に有効性は確かです。当院でも数件継続的にプロバイオティクスを投与することで体調が維持できている子がいます。プロバイオティクスの良いところは「食品としての安全性が高い」ことです。投与することによる副作用などの心配が少ないのは非常に大きなメリットですね。

最新情報